contact

音楽

ゲーム

« サカつく、10周年 | トップページ | Asian Truth »

2006.03.12

春、気になる映画。あと「NANA」

春は気になるSF映画が多い。今週末公開となった「イーオン・フラックス」。シャーリーズ・セロン主演のSF。衣装やセットの造形がとても魅力的。ただ、ストーリーや映画全体の出来については評判もいまいちで、アメリカでの興行もあまり良くなかったようなので、・・・DVD待ちかも。

ちょっと先4月公開ですが、ロシアのSFファンタジー「ナイト・ウォッチ」も今から気になる一作です。3部作である原作小説は賛否両論あるようですが、映画は映画で斬新な演出方法など単体の映像作品としても興味深いものになっている気がします。広告で"「マトリックス」を超える映像革命"とかって自ら比べちゃってるのはちょっとどうかという気がしますが(汗)、あまりSF映画の印象のないロシア発の注目作ということで、公開が待ち遠しいところです。

それから映画といえばついに、DVDで「NANA」観ました。中島美嘉が好きな僕としてはなかなか満足な映画でした。原作をきちんと読んだことはなくほとんどストーリーも知らないのですが、今回のストーリーは、マンガでは序盤に当たる部分の内容だとか。マンガでは他のバンドメンバーまで広く、セックス、妊娠、結婚といった部分まで深く描かれていくらしいのですが、まずは2人の主人公ナナとハチ(奈々)の恋愛模様に絞ってスポットを当て、青春恋愛劇として手堅くまとめたという感じでしょうか。少々少女マンガらしい展開も見られますが、男性の僕でもそれほど違和感なく見ることは出来ました。中島美嘉のナナは、当たり役。彼女、セリフは相変わらず棒読みっぽいところもあるのだけれど、ここぞというシーン、本業のステージはもちろんのこと、レンとの別れや再会などでは魅せてくれるというか、引き込まれてしまいました・・・。普段強がっているナナだけに、彼女が泣き崩れたり、レンに優しい眼差しを向け身を傾ける瞬間が、とてもいとおしく(これがツンデレってやつですか!?(笑))、切なくもあり・・・、レンへの想いとプライドの間で揺れる感じに胸が熱くなりました。やっぱ中島美嘉はイイ!バスタブのシーンもね!(笑)ついつい美嘉ナナ中心に書いちゃったけど、宮崎あおいも良かったですよ。可愛いけど、なんかむかつくっちゅうか(笑)ま、ちょっとマンガっぽくディフォルメされてるとはいえ、近い人はいそうですし。「NANA」は2作目が製作決定していて、今夏クランクインするそうなので、年内には公開されるのかな!?ハチはTRAPNESTのタクミと恋人になり、先述のようにマンガではさらにドロドロ深い描写になっていくようなので、その辺どのように映画化されるのか興味深いところ。

NANA

« サカつく、10周年 | トップページ | Asian Truth »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

たいむさん、こんにちは★ナースあおいについてのコメント、ありがとうございました★

NANAは、漫画をちょこちょこ買ったりしてるんですけど、映画は見れなかったので今度DVDを借りてこようかと思っています!たいむさんの感想見てさらに見たくなりました・・・!

hanaさん、こんにちは。

「NANA」は原作読んでみたくて、女性の友人とか同僚にも数人聞いてみたんですけど誰も持ってはいなくて。自分で買えばいいんですけど、やはりなんか少女マンガって印象でちょっと恥ずかしかったり。

4月からはアニメ化もされるそうですね。内容からすると深夜アニメかなぁ!?それを見れば少しはマンガの雰囲気も分かるかな!?

なんでも宮崎あおいちゃんは
ハチの今後の展開についていけないのか
続投に難色を示してるとか。
・・って夏にはクランクインするのに
どないするんでしょうね。

原作ファンはどうしても比較して文句をいう。
でも知らないよりは知ってるほうが
「こんな細部まで再現してるんだ~」と
感動する。
・・・難しいですね、こういう映画って。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/9048281

この記事へのトラックバック一覧です: 春、気になる映画。あと「NANA」:

» NANA [ペパーミントの魔術師]
見てきちゃいましたよ~~。 でね、ネタバレも何も原作どおりなんで。 ホントに限りなく忠実に再現してましたね。 アパートの・属気も彼ら一人一人のキャラも髪型や服装、小物に至るまで。 予習としては、5巻あたりまでのストーリーとだけ 言うときましょか。 NANA -ナナ- ..... [続きを読む]

« サカつく、10周年 | トップページ | Asian Truth »

無料ブログはココログ