contact

音楽

ゲーム

« 中国に行っチャイナ | トップページ | ポーションって、こんな味だったのか »

2006.03.05

「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」

ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」、観て来ました。満を持して映画化されたC.S.ルイス原作、英国ファンタジーの名作。

オープニングの第二次世界大戦時の疎開シーンでの親子の別れから、タンスの奥の魔法の世界を見つけ出し、フォーンと出会い、白い魔女が登場するくらいまでの流れは、夢があって引き込まれました。タンスや押入れの奥が秘密の入口になっていて・・・なんて空想は、幼い頃誰しも抱いたことがあるのでは。そんな子供心をくすぐる序盤のストーリー展開はとても良かったと思います。まるで絵本を読んでいるような不思議な感覚に包まれて。

しかし、素晴らしかった「ロード・オブ・ザ・リング」を超えるか期待された本作ですが、一作目を見終わった現在の結論から言いますと、そこまでは至らなかったかなという印象です。

期待を持たせた序盤から、思いのほか世界が広がっていかなかったというか、次第に展開もポンポンと御都合主義的になっていきます。あれよあれよというまに普通の子供が大戦に勝利して王になっちゃう的な。米ディズニーによる映画化というのが関係あるかどうか分かりませんが、やはりターゲットを低年齢層に想定しているのか、設定や描写があまり深く描かれておらず、ややあっさりしている気がしました。

最後の合戦シーンも、どうしても「ロード・オブ・ザ・リング」と被ってしまい、そうなって比べてしまうと見劣りは避けられず・・・。個人的には「ナルニア」の面白さは、児童ファンタジーだからこそ、序盤のフォーンとの出会いや白い魔女が操る魔法のようなファンタジーとしての一つ一つの細かな描写にあるのではないかと思うので、「ハリー・ポッター」でもなく「ロード・オブ・ザ・リング」を意識したかのような展開は失敗のような気がしました。数々の生き物など、ナルニアの世界の広さや深さをもっと感じたかったです。

子供たちのキャストも悪くはないですが、かなり地味です(特に兄役のウィリアム・モーズリー・・・)。でも、ストーリーの要となっているルーシー役の少女・ジョージー・ヘンリーや白い魔女役のティルダ・スウィントンは、なかなか味のある良い演技をしているので、そういう点で駄目だということはなかったかな。白い魔女はまさに氷の如く冷酷非情さを上手く醸し出していて、もっと観たかったくらい。それだけにあまりにラストがあっけなかったかと・・・。

なんだか「ロード」と「ハリポタ」を意識してその中間で無難にまとまり過ぎちゃった感があり、第1作目は少し大人には物足りないかな。ただ、子供には十分夢があって楽しめると思います。原作は7巻あって、ディズニーは少なくとも2、3作は続編を検討しているようですが、果たしてどうなるか。

http://www.disney.co.jp/movies/narnia/

« 中国に行っチャイナ | トップページ | ポーションって、こんな味だったのか »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

そうですか~。CMを見ていると『またこんなの~?でも、面白そうだなあ・・』なんて感じてました。

ブームなんでしょうか?最近、こういったファンタジー、冒険ものって言うのでしょうか?の作品が少し多い感じです。ビデオ屋さんで、未公開作品ですが目にします。

たいむさんの感想ですから、僕が観たらどうなるかわかりませんが、ちょっと観に行く気が引けちゃいましたね・・(^^)

「ハリポタ」からですかねぇ、本格的に増えてきたのは。近々「エラゴン」とかまだまだ続きますし。

深く考えなければ十分楽しめる映画だと思いますよ。僕の意見なんて本当に一意見なので(^^;; こうしたSFXものは映画館の大画面が似合いますしね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/8946486

この記事へのトラックバック一覧です: 「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」:

« 中国に行っチャイナ | トップページ | ポーションって、こんな味だったのか »

無料ブログはココログ