contact

音楽

ゲーム

« ムハンマドのターバンに爆弾をのせたのは誰 | トップページ | 韓国映画は本当に栄えているのか »

2006.02.12

「会社」に思うこと

昨年4月に入社した同期から、一人、退職する人が出ました。ま、彼は同業種の経験者で一定のスキルもあって、それと年齢のわりには給与や待遇もあまり良くなかったようなので、早期の離脱もある程度理解できるかなぁという感想です。転職先の会社も以前付き合いのあった会社で向こうから声をかけられていたようですし、より良い条件で自らのスキルを活かせるのであれば、その機会は逃す理由はないですしね。とてもユーモアや人情もあって、仕事も出来る人なので、転職先でのご活躍をお祈りする限りです。

ただ、社会人一年生の残る社員に、会社の不満を吐き捨てた上、金がどうとか、辞めろ辞めろ言うのはデリカシーない気もしますけど。ま、余程不満が貯まっていたのでしょうかね。普通はせめて1ヶ月程度は前に退職を申告するのが普通かと思いますが、申告から実際の退社まで数日とかなり急だったようですが。

やはり経験のある中途採用者と新人では転職とか会社の捉え方も違ってきまよね。たかだか業務経験1年程度の新人なんて取るのも難しいし、むしろ何やっても1年もたない、堪え性がないのではないかと思われるマイナス面のほうが大きい気も。社会経験やスキルを積ませてもらっておいて、ちょっと不満があるからってハイさよならってのも人として会社員としてどうかってのもあるし。ま、自分のスキルや仕事と客観的に比較してあまりに不釣合いな待遇とか、不本意な業務が長期間とか、続くようなら仕方ないとは思いますけど。

僕自身は、PGやSEのスキルがほぼ皆無であるにも関わらず採用してくれた恩というのは感じていますし、給与や待遇諸々不満もあるにはありますけどまだそれを強く主張できるほどの仕事もしてないと思っているので、いますぐ辞めようとは思わないです。正直60歳定年まで勤務し続けているイメージは希薄ですが、ま、3年、5年の業界経験くらいは積んで、自身のスキルも相応にアップしたと自覚するときが来るまでは、頑張ってみる気でいるかな。

若い会社なので望むような仕事ばかりではないし、社則とか労働条件に練り込まれていない部分があるのは確か。だから、どうしても納得できない部分があればまずは中から変えようと努力したいと思います。若い会社だからこそ小さい会社だからこそ、自分が関与できる余地は大企業よりはあるでしょうし、変革していく成長していく楽しみもありますし。会社について、社長や上司についても、悪いところばかりを見つけて突付こうと思ったらキリないですしね。

ウチの会社は、分社や子会社設立のわりには、実際の業務内容に明確な色分けが出来ておらず、そこには営業力や熟練技術者の不足など様々な原因があると思います。未経験者に重点を置いた採用方針と、売上急伸目標のジレンマとか。なりふり構わない低コスト薄利多売を目指すのか、社是のエンジニアマインドを高く掲げた洗練を実現し専門的で単価の高い業務で収益を上げていくのか。あるいは先述の手法で急伸した後、後述の形に移行させていく腹積もりなのか。ビジョンと現実のギャップ、乖離に、社員の不満が高まらないうちにその辺をきちっと説明するなり、何らかの方策を打つ必要性というのは感じますね。まだまだ経営なんぞに口を出す立場には程遠いですが、昨年の査定面談時の提出資料にも一言書きましたし、遠回しにでもそうした疑問点の提示はしていきたいとは思っています。

« ムハンマドのターバンに爆弾をのせたのは誰 | トップページ | 韓国映画は本当に栄えているのか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/8620933

この記事へのトラックバック一覧です: 「会社」に思うこと:

« ムハンマドのターバンに爆弾をのせたのは誰 | トップページ | 韓国映画は本当に栄えているのか »

無料ブログはココログ