contact

音楽

ゲーム

« メロサブラップ、東横、三回忌 | トップページ | ムハンマドのターバンに爆弾をのせたのは誰 »

2006.02.02

さいたま大断層、「内観」、FFXI解約

さいたまに大断層
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060202-00000211-yom-soci

まじでー(;´▽`A``
会社の本社も高層ビルの上層だし・・・。
地震で死にたくないよ~・・・。

~・~・~・~

東横イン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060202-00000042-mai-soci
http://www.oricon.co.jp/news/internal/10883/

前回書き忘れましたが、この西田社長、自己啓発法の一つだという「内観」実践者で、自身で関連書籍を出版したり、4年前には箱根に内観研修所なるものまで設立しているそうです。

研修所のプログラムでは、一週間以上、電話やメールからテレビ、新聞に至るまで外界との接触を断ち、ひたすら自分の内面を見つめ直すそうです。

しかし、内観を実践しているはずの研修所の設立者があの態度なんですから、困ったもんです。著書には、「週刊誌で叩かれても平気で悪い行為をして反省の色もないような厚顔無恥な人間となると、これはもちろん困りものである」(「家族・友達・仕事のために自分を知ろう」たま出版)とあるとか。絶妙な前フリとしか言いようがありません・・・。

ちなみに、東横インや東横イン開発など関連各社の本社が、いま仕事で通っている蒲田にあります。バンバン支店が増えてて凄いなぁと思っていましたが、やはりこれも急成長には裏や歪みがあるってことなんでしょうかね。

~・~・~・~

FINAL FANTASY XI」のアカウントを解約しました。別に飽きたわけでも、嫌いになったわけでもないのですが、やはりどうしても時間を取られるネットワークRPGをプレイする余裕がなかなかなくなってしまって・・・。このままプレイせずに月額料金を払い続けているのもどうかと考え、1月末思い切って解約手続きをしました。

「FFXI」のプレイを総括した感想は、また後日きちっと書きたいと思っていますが、とにもかくにも人生でこんなに一つのゲームをこんなに長くプレイしたことはありません。広大なフィールドにキャラクターの向こうには本物の人間がいる仮想世界。コミュニケーションの楽しさや緊張から、生身の人間同士だからこそのトラブルまで。国や人種を越えて、アメリカや中国の人たちとリアルタイムでパーティ組んで冒険するなんて、ファミコンなんかの昔から想像したら夢のような話ですよね。ネットワークゲームの醍醐味を存分に味あわせてもらいました。

反面、始めたら数時間はあっという間、一日中だって遊べちゃう中毒的な部分とか、怖さも知った気がします。ヴァナディールではめちゃくちゃカッコ良くてお金持ちで、いつも助けてくれる英雄も、ずっとあの世界にいるってことは現実では・・・と、自分のことはさて置いて、人のことが妙に心配になったり(苦笑)。

まだまだ、いまでもPCショップなんかでFFXIのデモやベンチマークが流れていると、ついつい反応してしまいます(笑)。マートじいさんを倒せない永遠のレベル70。ダメな赤魔導士でした。再開はなかなか難しいかと思いますが(でも「アトルガンの秘宝」面白そう!)、今後も末永くヴァナディールが盛り上がってくれることを祈って・・・。

« メロサブラップ、東横、三回忌 | トップページ | ムハンマドのターバンに爆弾をのせたのは誰 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/8473131

この記事へのトラックバック一覧です: さいたま大断層、「内観」、FFXI解約:

« メロサブラップ、東横、三回忌 | トップページ | ムハンマドのターバンに爆弾をのせたのは誰 »

無料ブログはココログ