contact

音楽

ゲーム

« さいなら大阪 | トップページ | ヨドバシAKIBAとザ・海峡 »

2005.10.21

「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN」「ローレライ」

ローレライ」にはガッカリしました。CGによる艦戦シーンは悪くなかったと思いますが、肝心のローレライがあまりに現実味がなく、脅威もいまいち伝わってこない。いきなりアニメチックなパウラの存在もそれに輪をかけています。樋口真嗣監督ということで期待していたのですが、一連の怪獣映画のファンタジーから脱却し切れない中途半端な潜水艦映画になってしまった気がします。ここまで現実味のないSFなら、果たして第二次大戦終戦間際という現実の時代背景を使う必要があったのか、疑問が残ります。

一方、CGアニメならではの表現やストーリーで期待以上に楽しませてくれたのが、「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN」。

FFのCG映画というと前回の失敗の印象が強いですが、やはりあれは「エイリアン」などとダブってしまう妙にハリウッド映画を意識してしまった設定やストーリーが良くなかったんだなぁと改めて思いました。んじゃ、フルCGでやる意味があるのかと(いや挑戦としては意義はあったと思いますが)。

しかし今回は、FFVIIの世界観そのままで繰り広げられます。戦闘シーンの 重量感を感じさせない妙に俊敏なキャラクターの動きなどはアニメやゲームそのものなのですが、それが逆に潔かった気がします。
一応前作のゲームを知らなくても概ね理解できる内容だとは思いますが、それぞれのキャラクターや世界状況の背景などを理解しようと思うとやはりゲームをプレイした人向けかなと思います。DVDに映像特典としてゲーム映像のダイジェスト版は収録されていますが、初めて見る人がこれで理解できるかはちょっと微妙です。ゲームでは声は当たってなかったので、クラウドってこんな声なのか~なんて楽しみも。個人的にはクラウドやセフィロスはちょっとイメージ違ったかなぁ。もっと低くて渋い声でも良かったような。ティファもゲームの印象と比べると線が細いイメージ。めっちゃ強いですけどね。エアリスは・・・乞うご期待(笑)(かなり焦らします)。

何はともあれ、細部まで描きこまれた一見実写と見まがうほどの映像によるアニメーション、というのはある意味新感覚かと思います。現在のところセルDVDのみなのが痛いところですが、興味が少しでもある方は、手にとってみても損ないんじゃないかなぁ(既に70万枚以上売れてるって本当すか!?(汗))。

あ~でも、やっぱゲームでFFVIIの続編がやりたくなってきたのは僕だけでしょうか!?声優も当たったし、フルリメイクでもいいので。いつかはされると思うのですが、PS3もしかすると4になってからくらいの話なのかなぁ(汗)。

ローレライ

FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN

« さいなら大阪 | トップページ | ヨドバシAKIBAとザ・海峡 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

京都のブログにトラックバック、ありがとうございました。

嵐山は5月に行きました。人が多くてちょっと。今回の秋の嵯峨野がよかったです。

映画もよく見ます。
「ローレライ」、1週間ほど前かな、見ましたが、まったくあなたと同感です。終わってから夫と、「時間の無駄だった」とガックリしてました。
映画って、期待して見て途中で、期待はずれだとわかっても見始めたら最後まで見ないと気がすまなくて、ビデオやDVDだから飛ばして見たりもしますが、時間の無駄ってこと多いですね。

mihokoさんはじめまして。コメントありがとうございます。また先日はトラックバックさせて頂きありがとうございます。

今年は紅葉が遅いらしいので、これから峡谷とか奇麗な時期になるのかもしれませんね。京都市街とは違った良さがあるところでした。

僕も、ここではウダウダ書いてはいますが、滅多なことでは映画館でもDVDでも途中でみるのはやめませんね~。最近見てこれは酷いな~と思ったのは「デビルマン」ですかね・・・。でも最後まで見ましたけど(^^

ローレライ、公式でも評判良くなかったですもんね~。
CMは悪くなかった気がするのですが・・・、残念!

FF、セフィとルーファウスが気になりまする♪

どーも、和 アンリです。

アドベントチルドレン、結構面白かったです。いや、うーん。でもストーリーで楽しませているというより、かっこよさとかヴィジュアルといったCG面のほうを売りにしているような気がします。面白い事に変わりはないですけどね。

>naomiさん
うんうん、CMとかでは面白そうかも~と思ってたんですが(汗)。「ローレライ」に限ったことではないですけど、なんで映画のCMとか予告編ってなんかどれも面白そうに見えるんですかね~。すんごい期待させておいて、本編見たら「あら、そうでもないか」みたいなことってよくありません?(^。^;)

FF VII AC、みましたか!?社長さんことルーファウスはなかなかカッコよかったっすよぉ。ユフィは、これまた可愛いんだけど出番少なくて残念。あとなんかXのリュックとキャラが若干被ったりして(汗)。FFと言えばXも感動ものだったけど(ラストは号泣したもんだ)、naomiさんはXはプレイしました!?


>和アンリさん
そうかもしれないっすね~。本当にめまぐるしいアクションの連続で、あとアングルとかもスタイリッシュに決めてるな~みたいな。今日丁度テレ東のビジネスサテライトで特集やってて、その辺のこだわりについてスクウェア・エニックスのスタッフが語ってましたです。最近ハリウッドはネタギレマンネリっぽくて、あまり良作が少ないので、日本にも活路があるような気はするんですけどね。個人的には密かに来年初め公開の「最終兵器彼女」が気になってま~す(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/6490032

この記事へのトラックバック一覧です: 「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN」「ローレライ」:

« さいなら大阪 | トップページ | ヨドバシAKIBAとザ・海峡 »

無料ブログはココログ