contact

音楽

ゲーム

« 日韓戦、Fantom、新鮮組 | トップページ | globe10周年。新プロジェクト発表 »

2005.08.08

郵政解散

いいんじゃないすか。衆院解散。郵政民営化のような国民生活に直結する問題を、選挙で民意を問うのはよいことではないかと思います。なんで参院否決で衆院解散なのかとかいろいろあるでしょうけど、4年近く担いだ小泉政権の本丸である郵政法案を自民自ら廃案にしたのですから、仕切り直しは致し方ないかと。

郵政民営化については、僕は基本的には賛成です。しかし現法案では不備や不安が少なくないのも確かです。多くの人が指摘しているように、外資買収への対策や民間圧迫への留意も心もとありません。どこの国だったか、一旦郵便貯金を民営化したところ、外資系に乗っ取られてしまい、国民の声で国営郵貯を復活したという国も確かあったと思います。

しかし、民営化への道筋をつけることそのものの困難さ、これを突破できるチャンスは今回を逃すと二度とないのではないかという気もします。今回参院で否決され、もし自民党の郵政賛成派が敗北すれば、この問題は数十年もしかしたら永遠に闇に葬り去れることでしょう。郵便事業も含めてすべて民営化すべきなのかとか、当然いろいろ議論はあると思いますが、それはこれまでも散々なされてきたこと。民間で可能なことは民間に任せ、小さな政府を目指すという行政改革の方向性から考えれば決して間違いではないと思います。

ちなみに、小泉首相の郵政民営化へのこだわりや今回の解散には一定の理解ができますが、私は小泉自民党の支持者でもないし、ぶっちゃけこれまで一票たりとも自民党に票を投じたことはありません。民主党は「郵政民営化法案反対。そもそも郵政民営化自体いま論じるべき問題ではなく、官庁の人員とコスト削減や年金問題など他に優先すべき問題が山積している」というスタンス。それも一理ある気もするし、さて。

« 日韓戦、Fantom、新鮮組 | トップページ | globe10周年。新プロジェクト発表 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

どーも、和 アンリです。

郵政民営化の目的は連中の郵便貯金に対する不正流用を防ぐことであると個人的には思っています。反対票を投じた奴らはそれを恐れての行動であり、民営化が成されれば、また新たな流用の手段を講じなければならず、連中にとっては民営化は是非とも止めさせたいところ。

どちらにしろ、根が腐っていては葉に薬を塗ったところで同じことですがね。

こうなったらとことん腐って行って、 最終的には鉢ごと取り替えちゃえばいいと。すなわち滅亡→再生。

郵政民営化の賛否はともかく、首相が4年間も公約に掲げていて、国民の約半数が賛成しているこの問題を実現できないで、今後行政大改革が出来るのかというのを強く感じました。

財投の不透明な流れについては数年前から一応法や制度を改正し改善しつつはあるのですが、やはり国の借金を国民の貯金で補うようなこれまでの形は問題がありますし、これだけの巨額の貯金を国家が抱えているというのも世界でも稀ですし、一気に民営化するのが良いのかは前述の通り様々な危険性をはらみますが、方向的には間違ってないのではと思います。

郵政民営化の実現は衆院解散により微妙になりましたが、自民党分裂あわよくば解体などの展開があれば、それはそれで日本の政治の大きな変革となることでしょう。小泉首相の「自民党をぶっ壊す」という"公約"がここまでリアリティを持つことになろうとは皮肉なものですね。何はともあれ要注目の政界です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/5370690

この記事へのトラックバック一覧です: 郵政解散:

« 日韓戦、Fantom、新鮮組 | トップページ | globe10周年。新プロジェクト発表 »

無料ブログはココログ