contact

音楽

ゲーム

« 相対価値、絶対価値 | トップページ | グラン・ブルー »

2005.07.30

Fool On The Planet

約2年半ぶりに再開されたスペースシャトルをはじめ、火星の氷、太陽系第10惑星発見と、連日宇宙関連の話題が注目を浴びています。

NASAによるスペースシャトル・ディスカバリーの打ち上げは、当日偶然テレビ付けたら丁度中継をしていたので、思わず見てしまいました。何度見てもメインエンジンが点火され巨大な白煙が舞い上がり、シャトルの巨体がゆっくりと浮上していく光景はやっぱりワクワクしますね。男のコの夢だなぁ。

万全の準備をしてきたはずですが、一度打ち上げが延期され、延期理由のセンサー異常の原因も特定されないままの打ち上げ。なんだかちょっと不安でしたが、打ち上げに関しては無事成功したとのことで良かったです。ただ、早速想像以上の防熱タイルの欠損が見つかり、しかも前回事故を起こしたコロンビア号と同様の主翼前方部分(コロンビアは左翼。今回は逆の右翼)にも損傷が見られるということで、帰還が少々心配されます。野口総一さんが、こうした事態に備え修理などの技術訓練を積んできているとのことなので、是非ミッションを成功させて欲しいものです。

火星における水の存在は以前から言われていたことで、赤道付近に氷の海があるなどと見られていますが、ESA(欧州宇宙機関)の火星探査機・マーズエクスプレスが、北極付近のクレーター内に巨大な氷の塊を発見しました。鮮明な映像にビックリです。

さらに今日、NASAが太陽系第10惑星と見られる天体を発見したというニュースが。太陽から約53~145億kmを楕円軌道で周回していて、これは太陽から冥王星までの距離の約2~3倍になるそうです。小さな冥王星を厳密に惑星と言えるかどうかはいまだ意見が分かれていますが、新発見の天体はその冥王星よりは大きく、同等か1.5倍程度の大きさと見られています。この新天体、現在は2003UB313なるコードで呼ばれていて、いずれ国際天文学連合に惑星と認められ、正式名が発表されるとか。太陽系の遥か彼方に静かに浮かぶ小さな氷の惑星、水金地火木土天冥海・・・の後に続く文字は果たして。

地球上は爆弾テロだなんだと悪いニュースが多いだけに、久々にこういった宇宙関連のビッグニュースが続くのはなんだか嬉しいなぁ。地球上の争いなんて小っちゃい!小っちゃい!

http://www.nasa.gov/returntoflight/main/index.html
http://www.esa.int/SPECIALS/Mars_Express/SEMGKA808BE_0.html
http://www.nasa.gov/vision/universe/solarsystem/newplanet-072905.html

« 相対価値、絶対価値 | トップページ | グラン・ブルー »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/5229782

この記事へのトラックバック一覧です: Fool On The Planet:

» 新たな惑星また名前覚えなきゃいかんの? [ローマ帝国すぽーつ120円]
太陽系の第10惑星を発見か=惑星認定には不透明感も  AP通信によると、米カリフ... [続きを読む]

» 太陽系に第10惑星 [Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜]
太陽系に10番目の惑星が発見されました。 水・金・地・火・木・土・天・海・冥・・・の次なる惑星は、7月29日、米航空宇宙局(NASA)によって発見が発表されました。発見したのは、米カリフォルニア工科大などのチームがカリフォルニア州パロマ天文台の観測で、冥... [続きを読む]

» 惑星 PLANET [TYDA OFFICIAL BLOG]
写真は池袋メトロポリタンプラザ。いろんな光の形があります。何か記号みたいに見えました。一番上は彫刻があるエスカレーターホールの天井、ここは内緒ですが歌の練習に使っていたことがあります。エスカレータを上がるとまたちょっとしたスペースがあります。天井は丸くなっていて幾筋... [続きを読む]

« 相対価値、絶対価値 | トップページ | グラン・ブルー »

無料ブログはココログ