contact

音楽

ゲーム

« LUKE VIBERT 『Lover's Acid』 | トップページ | 鮮烈な青、過酷な青 »

2005.06.02

"メイドの土産"は、米。門番の土産は、ベッド!?

幼少の頃、ネパール王国に1年ほど在住していたことがある、というのは、ここでも以前チラッと書いたことがありますが、その時、家にはメイドも、コックも、門番も居たと仕事の同僚に話したら、少しびっくりされました。でも、海外特に発展途上国で滞在する際には賃金が極めて安いこともあり、そう珍しいことではありません。

僕は小学校高学年。門番はまだ日本で言えば中学生、15歳くらいの少年と30歳くらいの男でした。15歳の少年門番はドゥルガーという名前で、真面目で気さく、子供でなんでも興味津々の僕の遊び相手もしてくれました。ネパール語や文字を教えてくれたり。30歳くらいの男は名前は失念しましたが、或る日、僕たちがクルマで帰宅した際、日中にもかかわらず爆睡してしまっていて、クラクションを鳴らしても鳴らしても起きてこずに門を開けないという失敗をして、ひどくうちの父親に叱られました。んで、翌日、門番の小屋にあった机や仮眠用のベッドなどを手当たり次第盗んでトンズラしてしまいました。腹いせだったのかもしれませんが、どうやってベッドを盗み出したのか・・・(汗)。

メイドも、なんか毎日ちょっとずつ米を盗んでいて、怒られたことがありました(笑)。まぁ、モラルが低いというのもありますが、反面それだけ生活が苦しいということも言えたのかも知れませんね。それなりに給料は払っていたとはいえ、日本などと比べれば10分の1以下のような賃金ですから・・・。

ネパールは現在、何とも政治的に不安定で治安も悪い状態。毛沢東派と呼ばれる過激派ゲリラと政府の武力闘争が続いていて、また、国王も疑惑の前国王射殺事件を経て即位した王で、強権的な王政の復古を目論む匂いがぷんぷんしていたりします。

僕が住んでいた頃は、そんな戦いとか政治紛争とは無縁な感じの、とても平和でのんびりした国だったのですが・・・。早く落ち着いてくれるといいなぁと願っています。

« LUKE VIBERT 『Lover's Acid』 | トップページ | 鮮烈な青、過酷な青 »

旅行・地域2003-2007」カテゴリの記事

コメント

ネパール超行ってみたい。早く安全な国に戻っていただきたいです。

>kantaroさん
kanさんは、いろいろ海外行かれてるんでしたよねぇ。うらやましいなぁ。

ネパールは居たのはだいぶ昔ですが、日本人にも好意的ですしとてもよい国ですよ。ヒンズー文化やヒマラヤなど見るべきところも満載です。

僕も、今行くと子供の頃には感じなかったいろいろなことを感じられると思うので、是非また行きたいなぁと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/4374243

この記事へのトラックバック一覧です: "メイドの土産"は、米。門番の土産は、ベッド!?:

« LUKE VIBERT 『Lover's Acid』 | トップページ | 鮮烈な青、過酷な青 »

無料ブログはココログ