contact

音楽

ゲーム

« セラニポージ、冬眠 | トップページ | 花見。靖国神社、新宿中央公園 »

2005.04.03

東照宮、川治温泉、ワールドスクウェア

栃木県の川治温泉と鬼怒川、日光へ1泊2日の旅に行ってきました。

クルマで高速道などを通って方面へ向かい、初日は、まず日光東照宮に。高校か中学時代に遠足で来て以来でしょうか、久々です。世界遺産に登録されただけあり、壮大で美しい建築物、文化財がたくさん。質素で静かなイメージの純粋な日本建築とは少々趣が違って、大陸(中国など)の文化の影響がより強く出ているような絢爛さ、そんな印象も受けました。門や建物のあちこらこちらに施された彫刻の数々には圧倒されます。眠り猫や、いわゆる見ざる、言わざる、聞かざるの神厩舎の猿など定番も拝見、猿の有名なそれは、「人の生き方」を表現した8面あるなかの1面だったんですね。拍子木を打つと天井と床が共鳴して残響音がする、本地堂の"鳴き龍"も見学。天井の狩野探幽による竜の絵は江戸時代ではなく、明治に入ってからのものだそうです。その他、家康公の墓や宝物館など、わりとゆっくり見学しました。あいにくの雨だったものの、周辺一体に霧が立ち込め、静かで幻想的でそれが却って良かった気がします。

宿泊は川治温泉の一柳閣本館という旅館。昭和初期から営まれている老舗だそうですがかなり大きな旅館で、部屋も広くて値段もリーズナブル。温泉は、露天風呂と展望風呂、あとは貸切個室温泉や、温泉付き部屋などがあります。

露天風呂は建物の屋上部分に造られた総檜造り。温度調整などを施さず源泉から汲み上げたそのままに配湯されているそうです。景色は向かいの山斜面が近くそれほどでもないですが、檜造りの落ち着いた雰囲気のなかゆっくり入ることが出来ました。展望風呂は11階、12階にあって、川治温泉を一望でき眺めがよく、温泉自体も広くて爽快でした。僕は普段はあまり温泉好きというほどではないのですが、やはり久々に来ると気持ちがいいし、心身ともにリフレッシュされました。

2日目は、鬼怒川の東武ワールドスクウェアへ。世界の有名な建造物をモデルにした1/25のミニチュアが102展示されているテーマパークです。正直実際見るまでは、地味そうだしなぁと半信半疑だったのですが、なかなかどうして結構楽しめました。ミニチュアとはいえ、かなり精巧に作られているものも多くて、電車や船、人々が稼動する演出などもあり、本当にプチ世界旅行気分に浸れます。東京ドームなどの現代建築からエジプトのピラミッドまで世界各国、時代も様々。あの911で破壊され今は無くなってしまった世界貿易センタービルが聳え立つニューヨーク摩天楼のミニチュアなんかも興味深かったですね。もう少し建物や時代背景などの説明文が詳しいと良かったかなぁと感じましたが、ミニチュアを眺めているだけでも世界旅行や建物、歴史などに興味がある人はなかなか楽しめるのではないかと思います。春休みということで子供たちもたくさん来ていましたが、ガリバーになったような独特の世界に子供も意外なほど食いついて見入っていたのが印象的です。

1泊2日ではありましたが、温泉にも何度も入りましたし、だいぶゆっくりすることができました。これから4月で忙しくなりそうでしばらく旅行などは行けそうもありませんが、良い保養になりました。


▲国宝の陽明門
 (日光東照宮)


▲ミニチュアならではの光景。奥は世界貿易センタービル
 (東武ワールドスクウェア)

« セラニポージ、冬眠 | トップページ | 花見。靖国神社、新宿中央公園 »

旅行・地域2003-2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/3544561

この記事へのトラックバック一覧です: 東照宮、川治温泉、ワールドスクウェア:

« セラニポージ、冬眠 | トップページ | 花見。靖国神社、新宿中央公園 »

無料ブログはココログ