contact

音楽

ゲーム

« 命 | トップページ | セラニポージ、冬眠 »

2005.03.26

下関旅行

少し長い休みが取れたので、以前数年間住んでいたことがある山口県下関市へ旅行に行ってきました。5年ぶりくらいに訪れ、いろいろ店や公共施設が変わっていたり、新しく出来ていたりはしましたが、やっぱり懐かしかったです。

3泊4日とゆったりしましたが、ほとんどは街をクルマでフラフラしてショッピングセンターや食べ物屋で友達とダベってました(笑)。まぐろ料理専門店とか連れて行って貰っておいしかったなぁ(店名は失念(汗))。関門トンネルを越えて隣は九州・小倉のリバーウォーク北九州というショッピングモールにまで遊びに行ったりも。たった5年でもちょっとずつでも確実に街は変化していて、興味深かったです。

観光地らしいところとしては、下関の水族館・海響館かな。丁度5年前僕が離れた直後くらいに改築されたと聞いて、今回ぜひ行っておきたいなと思っていました。友人はあんまり期待しないでなんて言っていましたが、なかなかどうして結構楽しめました。世界のフグ科の魚を集めているところなんて、ここくらいでしょう。さすがふくの街・下関です。マンボウもフグ科だったんですねぇ~、知りませんでした。クラゲやスナメリなんかもいました。全長23mのシロナガスクジラの骨格標本やシーラカンスの標本なども興味深かったです。たまに来ると水族館も良いものですね。

水族館を観てまわった後は、関門海峡沿いに唐戸桟橋を挟んで隣にあるオープンモール・カモンワーフへ。事前にネットなどでチェックして行きたかったところでした。期待していたほど大きなモールではなかったですが、海峡の風に吹かれながらの食事&お土産ショッピングは爽快で良いなぁと思いました。オランジェリエ・モリの生ジュースと鯨屋のくじらライスバーガー、カプリスのふく焼き(明石焼きのふく版)を食べました。鯨やふくは下関ならではで珍しいし、どれもおいしかったです。

今回は時間を有効に使いたいこともあって、飛行機で行ったのですが、飛行時間はわずか1時間ちょっと。空港での乗り降り、道のりを入れても新幹線より早いし、料金もいろいろ割引などを使えば安いくらい。近くて遠い、でも遠くて近い、そんな感じ。5年も会わなかった友達もこれでもかってくらい歓迎してくれて、まるで昨日会ったかのように自然に笑いあえて、本当に本当に嬉しくてありがたくて楽しい4日間でした。


▲展望室から関門橋と関門海峡を望む
 (市立しものせき水族館・海響館)


▲熱帯魚(?)大集合。絵のように奇麗です
 (市立しものせき水族館・海響館)


▲シロナガスクジラの骨格標本。全長約23m!
 (市立しものせき水族館・海響館)


▲マンボウ。この大きさは3m程度でした
 (市立しものせき水族館・海響館)

« 命 | トップページ | セラニポージ、冬眠 »

旅行・地域2003-2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/3440938

この記事へのトラックバック一覧です: 下関旅行:

« 命 | トップページ | セラニポージ、冬眠 »

無料ブログはココログ