contact

音楽

ゲーム

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005.02.22

ライブドア

ここ最近、ライブドアニッポン放送株取得が非常に話題になっています。突然時間外取引で大量株を取得した後、業務提携を呼び掛けるという強引な手法から、関連するフジサンケイグループはもちろんのこと、日本経済界各所から反発や非難を招いているようです。

確かに事前交渉もないこうしたやり方は、礼儀を尽くす、和を重んじるという日本の文化には馴染まないかもしれません。が、市場のルール、法的には少なくとも許されているわけですから(早くも時間外取引の見直しの動きが出始めましたが)、納得いくいかないは別としてある程度認めざるを得ないとも思います。

ただ、堀江社長は最近、テレビ出演などでラジオ放送局との提携のビジョンを語っていますが、聞いた感じ、ライブドアにとっては強力なコンテンツ補強、ポータルサイトなどへの顧客誘導につながると思われものの、ニッポン放送の側、ラジオ局の立場に立つとどう考えてもメリットが薄い印象がします。ネットでラジオ番組がオン・デマンドで楽しめたり、ラジオで様々なサイトを紹介し連動するというのは、インターネットサービスとしては魅力的であるけれども、逆に、Webを見てラジオのスイッチを付けて聴こうと思うかというとそこは見えてきません。

堀江社長は「新しいメディアの形になっていく」といった趣旨の発言もしていますので、最悪、インターネットラジオではありませんが、そういった形で呑み込まれていってしまうのではないかという危機感をニッポン放送側が持つのは当然のことでしょう。もちろん将来、ネットとラジオの融合というのは必ず進んでいくことでしょう。ただ、それまでにはまだ技術的にも、また番組や音楽に関する著作権などの法的にも越えなくてはならない壁がたくさんあります。中波ラジオの簡素な端末で広くどこでも聴ける利便性、災害情報なども含めた公共性も、無視できません。その明確な方向性も見えない現在の時点で、ニッポン放送が単なる業務提携ならいざ知らず、ライブドアとその子会社になるほどの連携を取ることがメリットになるかというとやはり厳しいような気がします。ニッポン放送は自身でWebサイトやネット配信の試みは既に行なっているようですし・・・。ライブドアは将来的にはフジテレビや産経新聞なども視野に入れていると思いますが、テレビや新聞でも同様のことが言えるでしょう。

それと、昨年のプロ野球球団買収問題でもそうですが、今回の騒動で感じるのは、ライブドアという会社、堀江貴文という人物への不信感のようなもの、悪く言えばどこか胡散臭い印象が、経済界などで根強いなぁということ。ま、元々IT関連の急成長企業はそういった目で見られているようなところは多々あるのですが、堀江社長をはじめとする若手経営陣の言動や見た目も相まって、取り分けライブドアへの疑念というのは強いようです。新球団申請や地方競馬の買収交渉の際の、具体案をなかなか示さず、本当にやる気があるのかないのか分からないようなアバウトさもそれに輪をかけたように思います。

いわゆるM&A、企業買収でグループが急成長したという点も大きな要因でしょう。ライブドアは元々'96年、立ち上げたオン・ザ・エッヂというWebサイトデザイン・制作会社が前身。しかし、そこから、サイバークリックとの提携を機に、海外での新会社の設立、2001年頃からは企業買収、子会社化を繰り返し、→エッジ→ライブドアと社名変更し現在に至ります。ライブドアというと、買収される前、その後もしばらくは無料プロバイダとして有名で、僕なんかはいまだにその印象が強いのですが、現在ではプロバイダ事業は完全有料化し、かつ事業の中心はポータルサイトやそこから派生する様々な事業に比重を移しています。

現在ではグループ全体の収益の大半を、買収した企業、特に証券・金融関連が占めています。そもそも、堀江社長をはじめライブドアがオンリーワンというサービスや技術というのはあまりなく、それを買収で補ってきたという経緯もあって、一部では「虚業」などと揶揄されることも・・・。しかし、例えマネーゲームであるとしても、ここまで成功している点は評価せざるを得ないでしょう。さすがに「稼ぐが勝ち」などと言われてしまうと、貧乏人の僕などは拒否反応も出てしまいますけど・・・。

昨日、日本テレビの「きょうの出来事」に堀江社長が生出演していて、YES/NOクエスチョンに「くだらないですよ!」とキレかかっていましたが、一視聴者の僕から観てても、意図的で誘導尋問のような質問の応酬は、確かにくだらないし酷かった。僕も決してライブドア派じゃないですし、堀江社長のやり方は正直好きではないけれど、テレビ側もあんなレベルで事を報じているようでは、ネット企業に呑み込まれてしまっても自業自得かも・・・なんて思っちゃいました。NHKやテレ朝の問題もしかりですが、企業倫理がどうだ、ステイクホルダーへの責任がどうだと言うのであれば、放送局自体もしっかりしておいて頂かないと、ライブドアに対して偉そうなことも言えないのではないかという気がしますね。

2005.02.18

さよなら、GOコマンド

ニフティ株式会社は、1987年4月から運営してきた「ワープロ・パソコン通信」サービスを順次縮小し、2006年3月31日(金)をもって終了します。これまで「ワープロ・パソコン通信」サービスをご利用くださいまして誠にありがとうございました。

「ワープロ・パソコン通信サービス」は、現在提供中のインターネットサービス"@nifty(アット・ニフティ)"を1999年に開始した後も継続利用者が多く、運営を続けてきました。しかし、インターネットの普及とともに利用者数が減少している事実を受け、終了させていただくことになりました。(@nifty)
http://www.nifty.com/support/tty/

いわゆる商業パソコン通信サービスの最大手で草分けでもあったNIFTY-SERVEが、ついに2006年春にその19年の歴史に幕を閉じることを発表しました。同じく草分けでライバルであったPC-VANも2001年4月に既に終了しているので、国内の商業パソコン通信サービスの歴史自体がこれでほぼ終わるということになりそうです。(ASAHIネットはtelnet接続で一部サービスが残っているかも!?)

まだインターネットもWindowsもない時代、ダイアルアップで最寄のアクセスポイントにピーヒャラ繋いで、~Termなんてソフトでキャラクターベースの通信。通信速度も300ボー(bpsのこと)とか1200ボーとか言ってましたね。数十kのプログラムや画像ファイルを落とすのにも物凄い時間がかかっていました。それでも、遠く離れた人たちとコミュニケーションしたり、情報やファイルを交換できるのは画期的で楽しかった。また、現在のインターネットと比べるとクローズドで匿名性もそれほど高くなかったので、ユーザ同士、アットホームで一定の秩序ある関係が保てていたような気がします。市外や県外など遠くにしかアクセスポイントのないパソ通サービスに長時間接続して、何万って電話代請求が来たことも合ったなぁ・・・。インターネットプロバイダへのダイアルアップ接続さえ少なくなってきた昨今となっては、懐かしいほろ苦い思い出です。

NIFTY-SERVEは、インターネット登場後も、NIFTY MANAGERという独自の接続・閲覧ソフトを開発したり、INTERWAYなどでインターネットとの連動性を高めるなど進化を続けてきましたが、そろそろその役割を終える時が来たという感じでしょうか。

僕は実は数年前に@niftyのサポートなどに関係したことがあるのですが、その頃もまだまだNIFTY MANAGERなどでパソコン通信サービスを利用している会員の方が結構いらっしゃって驚いた覚えがあります。古いパソコンやワープロでも利用できるので年配の方でずっと利用しているという人や、また、目が不自由で、コマンドで操作できてキャラクターベースだから読み上げソフトで理解しやすいから継続利用しているんだという方などもいらっしゃいました。各紙報道などによると、いまだ約2万人の利用者がいるとのことで、これはインターネットが普及した現在においてはかなりの数字だと思いますし、最後まで愛されたサービスなんだなと思います。

まだパソコンがちょっぴり特別だった時代、古き良き時代の名残がまた消えゆくのは寂しい気がしますが、日々進化するネットワーク技術ですから仕方ないですね。

GO FUTURE...

2005.02.15

バイオハザード 4

バイオハザード 4」、クリアしました。リリース前にはいろいろ不安もありましたが、プレイ終わってみれば想像以上に楽しめました。

武器商人がそこかしこに立っていたり(あいつはいったい何者!?(笑))、敵が金やアイテムを落としたりで、最初はこれがバイオ!?と若干の違和感こそあったものの、集めた金で武器をパワーアップしたり、苦しいとき回復アイテムを落としてくれてホッとしたり、慣れてしまえば楽しいくらい。

今回は、青い解毒ハーブがなくなった替わりに、黄色いハーブを混ぜると体力ゲージの上限値がアップする仕組みに。武器・アイテムの売買や武器強化と合わせて、RPG的な成長要素が加わり、これが単純なシューティングアクションに終わらない良い楽しさのエッセンスになっていたと思います。

謎解きや弾数は、これまでのバイオと比べると、少し甘くなった印象ですが、その分アクション難度は上がっていて、ノーマルモードでもかなり手応えがあります。即死も珍しくないかもしれません。数え切れないほどの敵に囲まれたときや、ボス戦では何度も泣きそうになりました。

今回は、バイオ1やバイオ0のときのような、静寂の恐怖やワッとビックリさせられるようなシーンはあまりないものの、集団に追われたり囲まれたり迫り来る焦燥感はかなりのものです。これがディレクターの方などが製作中のインタビューで言っていた「恐怖のモデルチェンジ」の意味なのかなと思います。

これまでのゾンビと比べると、雑魚でもより知的になり、人間的な動作や攻撃をしてくるのも、その恐怖をうまく演出していると思います。一見普通の村人が、目を赤く光らせ鬼の形相で迫ってくる様は、最初はかなりビビりました。銃器のレーザーサイトをふっと避けたり、潜入したプレイヤーに気付くと何やら仲間に呼び寄せたり、建物の2階で闘っていると外から梯子をかけて上って来たり・・・。カマやダイナマイトを投げてくる奴や、チェーンソーで襲い掛かってくる奴までいて、相手の攻撃手段も結構多彩です。もちろん人型以外のモンスターも中盤以降いろいろ出てきますよ。

ボス戦や、トロッコ戦などのイベントバトルもバラエティに富んでいて、飽きさせない良いアクセントになっています。ムービーの最中も、突然ボタン押しを求められるときがあり、油断なりません(笑)。次から次に舞台が移動し、様々なイベントが起きる。まさに遊園地のようなサービス精神旺盛なゲームだなぁと感じました。

ストーリーはあまり難解なものではありません。前5作の話の中核にあったアンブレラも今回は直接絡んではきません。話の分岐なども特にないようです。但し、ノーマルにはイージーにないエリアとムービーがいくつかあります。

主人公の主要任務は大統領の娘・アシュリーの保護と救出。アシュリーは可愛らしい!名前はアシュリー・シンプソンから想起したっぽいし、容姿はブリトニー・スピアーズを参考にしたのかな!?まさにおいしいとこどりですね(笑)。同伴フェイズで、次々に迫り来るモンスターから守りきった瞬間はちょっとしたヒーロー気分が味わえます(笑)。バイオ2で人気のあの謎の女性も登場しますよ。

見た感じもプレイした感じも、いままでのバイオとは明らかに異なるのだけれど、でも、どこかバイオらしさもしっかり漂っている。それは、ストーリーの流れや最後の研究施設、ボス戦、身体が侵されていく恐怖(今回はウイルスではない)などの設定だったりするのでしょうけど、さすがだなぁと思いました。

ビハインドカメラでFPSに近い画面のため3D酔いが心配だったのですが、思ったほどではありませんでした。狭い通路などで激しくカメラを動かしたりしなければ、大丈夫だったかな。ただ、通常アングルだとレオン(プレイヤーキャラ)の腰から上くらいなので、足元がちょっと見辛いかなぁという気はしました。

難産の末、フルモデルチェンジでついに登場したバイオ4。GCを持っているなら絶対プレイしてみる価値ありです。持っていなくても、1年近くPS2版を待てない人は、本体ごと買っても損はない!?(でもGCの今後を考えると微妙かな・・・)


バイオハザード 4

2005.02.14

誰かを愛すことなんてほんとはとても簡単だ

安良城紅のカタコトが気になる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。普段はほとんど男性ヴォーカルものを聴かない僕ですが、最近携帯プレイヤーにはトラジハイジの「ファンタスティポ」が必ず入っていたりします。ファンタスティポへ~♪がなんだか気持ちいい。特に堂本剛の歌声は、個人的にはジャニーズ系で唯一聴けるというか、嫌いではないです。とはいっても、ソロやKinkiをちゃんと聴いたことはないのですけど。

同じくヘヴィリスニング、YUKIの「JOY」もそうですが、打ち込み然としたああいったオクターブ弾きのベースラインとか、昔のハイエナジーとかも思い出しますが、やっぱり好きなのかなぁと再認識している次第です。テクニカルではないけど、なんだかそれだけでノリがよくなりますよね。

「JOY」は可愛らしく明るい曲なんだけど、ちょっと切なくなるような歌詞がちりばめられているのがYUKIらしくて。ダンサブルなサウンドも意外なほどフィットしていて、ここにきてソロアーティストとしても安定感が増した感じ。もう元J.A.M.の・・・という形容詞も必要ないくらい。近々発売になるアルバムも楽しみです。


ファンタスティポ

joy


2005.02.09

今夜はW杯最終予選第一戦、対北朝鮮戦です。楽しみ。大勝祈願。

ところで、北朝鮮代表には名古屋グランパスエイト所属のアン・ヨンハッという選手がいますが、この"ハッ"が気になります。気合入れて"ハッ"と言いたくなります。

ちなみに、飯田橋の神楽坂にボナッというカレー屋があります。この"ナッ"も気になります。正確に読もうとすると、結構言い辛いです。

ガンバレ、日本代表ッ。

2005.02.08

木村カエラ、Sowelu

2005年だし(ってもう2月だけど)、聴いていないアーティストを開拓しようかと、昨今注目を集めているらしい2人のアルバムを聴いてみました。

まずは、木村カエラの『KAELA』。期待の新人だと言うし、ネットなどでの評判も上々なようなので聴いてみました。が、個人的にはいまひとつビビッとこない感じ。確かにキュートなルックスから想像するものとは一味違うギターロック調メインの構成で、サウンドにセンスは感じます。ただ、肝心なヴォーカルや自身が手掛けているという詞には彼女ならではの魅力や突出したオリジナリティといったものは感じられませんでした。下手ではありませんが、なんだか歌声の起伏、感情表現が平坦な印象。「Level 42」とか「You know you love me?」のようなメロディアスな楽曲なんかならそれでもまだいいのですが、そうでないとちょっと退屈になってしまいます。あと、英国人の血が入っているそうなので期待した英語詞や発音も、なんか普通でした。ただ、モデルとしても活躍しファッションリーダー的な存在でもあるそうなので、そういった部分もひっくるめた人気なのかもしれませんね。

もう1枚は、Soweluの『SWEET BRIDGE』。この人はデビューは少し前ですが、やはりブレイク必至の注目株として度々名前の挙がるアーティストではあります。ま、正直その可愛らしいルックスに惹かれた部分が大きいのですが(笑)(昔の山口紗弥加似!?)、R&Bテイストの楽曲を中心としたなかなか良質のポップスが多数収録されています。「I Will」とか爽やかですごい好きな曲です。「JOY」なんかもいいです。ヴォーカルも巧みだと思います。しかし、どこか決定的なインパクトに欠けるのもまた事実。R&B系女性シンガーは過剰供給気味で、歌の上手い人も次から次へとデビューしています。そうしたなかで埋もれてしまわない何かがあるかと聞かれると、まだ分からない感じかもしれません。上手いんだけど、かつての尾崎亜美のような丁寧過ぎるオバさん歌い(ゴメンなさい!)的な聴き心地がちらほらあるのも少々気になるところです。僕も結構それは苦手で・・・。

というわけで、なんだかすごく良い!とも全然良くない!とも言い切れない僕としては微妙な2作でした。サウンドやヴォーカルの好みが合えば、聴ける作品ではあるのかな。プロモーション次第でブレイクするかもしれませんが、息の長いアーティストになるかは今後の成長次第でしょうか。


KAELA

SWEET BRIDGE

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

無料ブログはココログ