contact

音楽

ゲーム

« 鈴木亜美、エイベックスと契約 | トップページ | 超個人的2004ゲーム総括 »

2005.01.06

超個人的2004音楽総括

去る2004年、僕がよく聴いた楽曲を振り返ってみました。他にもいろいろありますが、あえて15曲選んでみると、・・・

1. DON'T TELL ME / AVRIL LAVIGNE (Album『UNDER MY SKIN』)
2. PIECES OF ME / ASHLEE SIMPSON (Album『AUTOBIOGRAPHY』)
3. Carrot & Whip / 中島美嘉 (Single「LEGEND」)
4. 僕が一番欲しかったもの / 槇原敬之 (Album『EXPLORER』)
5. GOLA / ルルティア (Album『プロミスト・ランド』)
6. アラベスク / ルルティア (Album『プロミスト・ランド』)
7. SCREEN OF LIFE / TM NETWORK (Single「NETWORK」)
8. ハロー グッバイ / YUKI (Single)
9. あまえんぼ / 大塚愛 (Album『LOVE PUNCH』)
10. 桜見丘 / Local Bus (Single)
11. OCEANIA / BJORK (Album『MEDULLA』)
12. 月凪 / 東京エスムジカ (Single)
13. さくらんぼ / 大塚愛 (Album『LOVE PUNCH』)
14. GIRL TALK / 安室奈美恵 (Single)
15. さよならいちごちゃん / セラニポージ (Album『オチャメカン』)

こんな感じでしょうか。順位は甲乙付け難いので案外適当です。何ともメジャーマイナー、音楽的傾向ともにバラッバラですねぇ。

アルバムでよく聴いた5枚を挙げると、・・・

1. プロミスト・ランド / ルルティア
2. UNDER MY SKIN / AVRIL LAVIGNE
3. EXPLORER / 槇原敬之
4. NOISE FROM THE BASEMENT / SKYE SWEETNAM
5. UNWRITTEN / NATASHA BEDINGFIELD

かなぁ・・・。

全体的には、まずLocal Busに出会って好きになったというのが大きいですね。僕の中ではルルティア以来のヒットかも。アルバム、シングルも全部買い集めました。ルルティア同様、活動が地味でマイペースなので、ちょっとこの先心配ですが(苦笑)。

また、欧米の若手女性アーティストを結構聴いたというのが印象があります。アヴリルだ、アシュリーだとなんだか女子高生みたいな趣向ですが(笑)、可愛くて且つロックで弾けてみたいなのが聴きたい1年でした。若手の女性という点では、邦楽でも大塚愛とか結構聴きましたね。「さくらんぼ」が流行り始めた頃、最初は「なんだこの声優ソングみたいな・・・」とか言って半分馬鹿にしていたくらいなのですが、ちゃんと聴いてみたら意外に面白くて見方が変わりました。可愛けりゃなんでもいいんじゃないのって?そんなことは決して・・・!?

僕は最近男性ヴォーカルをあまり聴かないのですが、昨年、槇原敬之は、アルバム『EXPLORER』をはじめ、浜ちゃんとの「チキンライス」まで結構聴きましたね。確かにちょっと説教臭い曲が多いような気はしますが、「僕が一番欲しかったもの」を最初に聴いたときは涙が出ました。

その他は、TMデビュー20周年、globe結成10周年ということで、TM NETWORKとglobeの過去曲をたくさん聴いたのも印象深いですね。すっかり昔に戻って懐かしみ楽しんだ1年でした。今年は、新たな作品で、新たな10年に向けて飛躍して欲しいと願っています。

« 鈴木亜美、エイベックスと契約 | トップページ | 超個人的2004ゲーム総括 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/2488003

この記事へのトラックバック一覧です: 超個人的2004音楽総括:

« 鈴木亜美、エイベックスと契約 | トップページ | 超個人的2004ゲーム総括 »

無料ブログはココログ