contact

音楽

ゲーム

« CSと新潟、そしてW杯2次予選 | トップページ | globe decade、東京国際フォーラム公演 »

2004.12.21

世界の中心で、スパイダーマン2

夏劇場公開された洋邦の話題映画2本をDVDで観ました。

1つは、洋画の「スパイダーマン2」。アクションは相変わらず爽快だし、ヒーローの葛藤みたいなところも程よいストーリーの味付けになっていて、思っていたより面白かったです。スパイダーマンのCGが、気のせいか1の時以上にCGっぽくてちょっと気になりましたけど、まぁ、アニメと思えば許せるのかな。MJとの恋は一応決着がついた形なのでしょうか。次回作は新ヒロイン登場!?しかし、キルステン・ダンストの不細工・・・もといユニークなお顔は本作も印象的でした(苦笑)。

もう1つは、邦画「世界の中心で、愛をさけぶ」。観てみましたよ、"セカチュー"(笑)。死に別れたかつての恋人を回想する形の、わりとストレートな純愛物語でした。白血病とか、設定も話の流れもそんな目新しい話ではないですよね!?「冬のソナタ」もそうですが、最近は何が流行するか分かりませんねぇ・・・。いや、悪い話ではないですけどね。山崎努演じる写真屋の主人にまつわるエピソードやシーンなんかは良かったです。ただ、全体的に朔と亜紀の惹かれあう過程なんかがちょっとあっさりし過ぎているなぁという感じ。一つ一つはいいシーンでも、なんか上辺だけの青春物語的な印象は否めませんでした。ラジオの投書の内容とか、ちょっとあり得ないでしょうみたいなこともちょこちょこあって。律子の件もそう。最後のテープとかそういうのは面白いと思うのですが、朔と律子を現在の恋人にする必要ってあったのでしょうかねぇ。原作を読んでいないので何とも言えないのですが、原作でもこの辺の設定などはだいぶ違うと聞いてますし。柴咲コウは「黄泉がえり」といい本作といい、なんだか無理に捻じ込んだような役が多いですね(汗)。僕自身今年は家族を病気で亡くしたこともあって、闘病中の亜紀の姿、「こんなんなっちゃった」と頭を撫でるシーンや、「次はないんだってば!」と悲壮な叫びを上げるところなどは、いろいろリンクして思い出して涙も出てしまいましたが、観終わって冷静に考えてみると、一つ一つのシーンの繋ぎ合わせでしかなく、やはり全体的には浅いかなぁという気がします。恋人同士で観て、ライトに感動しましょうか程度の映画なのかなぁ。う~む(汗)。


スパイダーマン2

世界の中心で、愛をさけぶ

« CSと新潟、そしてW杯2次予選 | トップページ | globe decade、東京国際フォーラム公演 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/2332456

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の中心で、スパイダーマン2:

« CSと新潟、そしてW杯2次予選 | トップページ | globe decade、東京国際フォーラム公演 »

無料ブログはココログ