contact

音楽

ゲーム

« バイオハザード4、PS2に移植!? | トップページ | さいたま新都心 »

2004.11.04

「キューティーハニー」、「CASSHERN」

アニメを原作にした実写映画2作を鑑賞しました。一つは「キューティーハニー」。もう一つは「CASSHERN」です。

キューティーハニー」は、「新世紀エヴァンゲリオン」で有名な庵野秀明が監督。ハニー役の主演は佐藤江梨子。マンガチック(マンガ原作だから当たり前!?)で、SFXも少しお金をかけたちびっこヒーローもの!?って感じではありましたが、なかなかどうして、結構楽しめました。サトエリは爽やかで可愛らしく好演していますし、敵の組織パンサークローの怪人軍団もそれぞれクセがある感じで良かったです。小日向しえのコバルト・クローや、片桐はいりのゴールド・クローは強烈です。そして何といっても、ハニメーションと命名されたアニメーション的な演出が効果的。序盤の海ほたる(アクアライン)での戦闘シーンなどはなかなか見物でした。

この映画にエヴァのような小難しさは一切ないです。ただ、エンディングの展開は、ちょっと庵野秀明っぽいかも。シスタージルの最期がね。あれはあれでありなんでしょうけど、なんかもうちょっとクライマックス的な部分が欲しかったかなという気もしました。あと、ハニーの孤独感みたいなところに少しスポットを当てているのですが、それが少々中途半端に感じられたかな。

お色気の物足りなさや原作とのイメージギャップを批判する方もいらっしゃるようですが、個人的には、庵野監督なりのサトエリなりのハニーが確立されていて、その辺は問題ないのではないかと感じました。サトエリが下着で商店街をダッシュするだけでも、結構なインパクトでしたよ。キューティーハニーの衣装もアクションもカッコ良かったし。疲れているときや、軽~く映画を観たいときには、オススメの作品かな。

一方の「CASSHERN」は、アニメ原作ものだと思って手を出すと、その暗さと重さに少し驚くかも。また、こちらは「キューティーハニー」以上に原作の面影が薄いです。原作ファンは納得いかない部分も多いかもしれませんが、別の作品として見れば良いかと思います。ミュージックビデオなどで活躍している紀里谷和明の初監督作品です。

敵の総大将ブライなどが発するセリフは、演劇、いや演説さながら。そうした力や感情の篭ったセリフが次から次へ。「命に優劣があろうか。生きるという切実なる思いに優劣などあろうか。ただひとつの生を謳歌する命の重みに優劣などあろうか。あるはずがない!」・・・印象的なセリフもたくさんありました。ただ、最初は惹かれるものの、過剰気味で中盤以降は少々鬱陶しさも・・・。また、ブライはもっともらしいことを言うわ、キャシャーン(鉄也)も戦うことやら自分やらを責め立てるように自己問答するわで、結局この人たちは誰と何のために戦っているのか分け分からなくなります。それは監督の意図するところの一つなのかもしれませんが、そのせいかストーリー的に観客を引っ張る力が弱く、置いてきぼりな感じました。イメージシーンのようなものも多過ぎるし、鉄也の戦地での記憶についても、重要で様々な伏線になっているのは分かりますが、二、三度出せば充分印象に残るのにちょっとしつこ過ぎました。二転三転する終盤の展開も含めて、あまりに監督がメッセージを込め過ぎて、逆に観客は一歩引いてしまうような感覚があったかな。以前「イノセンス」評でも書いたことですが、テーマをセリフ過多で説明しないで、映画なのだから、もう少し"絵"で伝える努力をして欲しいです。

しかしそうした冗長な部分を差し引いても、見る価値があるのは、独特の映像美。まさに監督が以前撮った作品の一つである宇多田ヒカル「traveling」のPVで見せたような、カラフルで、統一された質感を持つ非現実的な映像。CGも一見してそれと分かるものの、むしろそれが絵画的でさえあり、セットなども含めて来るシーン来るシーン見入ってしまいます。ハリウッドのようなリアリティ溢れるSFX映像とはまた一線を画す、新しい表現方法の一つとして非常に興味深かったです。

広末の元カレだ程度の知識しかなかった(笑)伊勢谷友介の演技も、思っていたほど悪くなかったです。他に寺尾聰や唐沢寿明などわりとしっかりした役者さんが脇を固めてますし。先述の通り、反戦や母子愛などのメッセージ性が強い作りで、TV-CMでやっていたようなロボット軍団とキャシャーンとの戦闘シーンがあまり多くなかったのは残念なところ。カッコよかったので、もっと見たかったかな。もう少しシンプルな内容にしても面白い映画にはなった気がします。ただ、こればっかりは監督の考え方次第ですから、仕方ないのかなぁという気もしますが。

巷では、マンガを原作とする作品だけに賛否両論がある2作品ですが、原作の再現度は別とすれば、両作品、色は全く異なるものの、"ならでは"の面白さがあるし、ハニメーションや紀里谷流CG演出といった斬新な表現への挑戦も、邦画SFの将来にとって意義があると思います。


キューティーハニー

CASSHERN

« バイオハザード4、PS2に移植!? | トップページ | さいたま新都心 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/1862817

この記事へのトラックバック一覧です: 「キューティーハニー」、「CASSHERN」:

» キューティーハニー イチオシ! ~女の子が主役のアクション映画をいろいろ観てみました [百鬼夜行]
キューティーハニー コレクターズ・エディション (初回限定生産) サトエリの『 [続きを読む]

» 「CASSHERN」(DVD) 映像美とストーリーの狭間 [映画、音楽、本のコト ---odateh blog---]
青臭いと。 アニメのように使命に燃えて自ら新造人間になったわけでもないし、気に食わんと。 フレンダーはただの犬か、と。 別物ですよ、そう割り切って観れ... [続きを読む]

» -映画のご紹介(42) キャシャーン がやらねば誰がやる 俺がやるぞ! [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(42) キャシャーン キャシャーンをDVDで観た。 まずはYahooムービーから映画データをご案内 70年代に人気を博したタツノコプロの名作アニメを、製作費6億円をかけて実....... [続きを読む]

« バイオハザード4、PS2に移植!? | トップページ | さいたま新都心 »

無料ブログはココログ