contact

音楽

ゲーム

« Utadaに見る全米市場への挑戦 | トップページ | バイオハザードII アポカリプス »

2004.10.26

「サクラ大戦」は倒れたままなのか?

サクラ大戦V EPISODE0 荒野のサムライ娘」(PS2)、購入しました。シリーズ初のアクションADVということで、結構期待していたのですが、単刀直入に言うといまいちな出来でした。

今作は、来夏発売予定の「サクラ大戦 V」本編でも主役となるジェミニ・サンライズのプロローグ的エピソードです。ジェミニは、なかなか魅力的なキャラクターです。馬と刀の達人というのも特徴付けとして良いと思います。一方で天然おとぼけなところは、シリーズの伝統を受け継いでいますし(笑)。「僕」口調なのは狙い過ぎで、ちょっと引いちゃう人もいるかと思いますけど・・・。

そのジェミニが、ニューヨークへと向かう途中、謎の集団に追われるフワニータと出会い、様々なハプニングや戦闘に巻き込まれながらもニューヨークを目指すというのがストーリーの大筋。ジェミニとフワニータのやり取りは微笑ましいし、笑えるエピソードなどもちょこちょこあるにはあるのですが、その一方で、全体的には内容が薄く演出が安易なところなども目立ちます。ま、コテコテでストレートなのは「サクラ大戦」シリーズ全体がそういう色ではあるとは思うのですが、今作は敵も含めたそれぞれのキャラの設定や、舞台であるアメリカの歴史や文化の描写に一際深みが感じられない気がしました。

アクションADVといっても、ゲームとしてはアクションとアドベンチャーはくっきり分かれており、なおかつアクションパートにかなり重きが置かれているので、その点でストーリーがあまり深く描けなかったというのはあるかもしれません。そういう意味では仕方ないのかなとも思いますが、それならばいっそあまり意味のない選択肢などは極力排除して、紙芝居風の1枚絵ではなく、迫力のCGムービーでも挿入してくれた方がまだ盛り上がったかもしれませんね。

では、このゲームの肝となるアクションパートはどうであったかと言うと、これがまた、残念ながら中途半端な感が否めません。馬に乗って刀でバッサバッサと敵を切り倒していく、これはOKだと思います。「ハイヤー!」と馬に綱打ち疾走しながら、敵をズバズバ斬っていくのは爽快感があります。馬をドリフトさせて敵を一斉に弾き飛ばすのも気持ちいいです。が、どこか物足りないのは、装備を付け替えることで多彩なはずの技もあまり必然性がなく、結局は通常攻撃の連発になる上、敵の行動も単調で、戦略性に欠けるところではないでしょうか。ワンパターンになりがちで、ゲーム半ばで飽きが来てしまいました。ただ、難易度が低めなのは決して悪くないと思います。僕もアクションは苦手な方なので、助かります。クリアしたミッションを再度プレイして、ポイントを貯めることが出来るシステムは、先に進めない場合などキャラ強化に活かせるので、親切で非常に良いと思いました。先述の通り飽き易いので、同じステージを何度もプレイするのが楽しくないのは痛いですが・・・。

セガは意欲的に「サクラ大戦」シリーズの多角化を進めています。僕もファンの一人として、本編のSLG+ADVというジャンルに留まらない様々なスタイルのゲームが遊べることを楽しみにしていましたが、正直、前作の「サクラ大戦物語 ミステリアス巴里」にしても、今作にしても、到底満足のいく作品とは言えません。人員や予算など様々な問題で中途半端な力しか注ぐことが出来ず、中途半端な作品を出すくらいなら、いっそ出さない方がましです。セガやレッドエンタテインメントとしても、サクラ大戦のブランド力でそれは一時的には一定の収入などが見込めるかもしれませんが、こうした状況が続けば新規ファンの獲得など愚か、中長期的にはファン離れ、ユーザ離れを招くことでしょう。

「サクラ大戦物語 帝都編(仮)」や、シューティングとアナウンスされている「降魔(仮)」はどうなるんでしょうかねぇ。なんか「降魔」は開発中止になるような気もしますけど・・・。

やはり絶対に良い作品に仕上げて欲しいのは、正統続編である来夏の「サクラ大戦 V」ですよね。先に発表された紐育華撃団・星組キャラクターの面々や主題歌は、なんだか巴里花組の時と比べるとビビッと来るものもなく、少し地味でインパクトに欠ける気もしましたが、ストーリーなどが優れていればキャラも立ってくるでしょうから、やはりそこら辺はゲームが発売されるまで様子見でしょうか。シリーズ過去の「サクラ大戦」や「サクラ大戦3」で感じた、The Entertainmentなワクワク感、LIPSや合体攻撃、ARMSといったゲームとしての楽しさは、屈指の体験だったと思います。もうシリーズ5作目ともなると新鮮味が薄れてしまうのは致し方ないのかもしれませんが、是非製作スタッフの方々には奮起して頂いて、あの感動を再び味合わせて欲しいものです。

「サクラ」は倒れたままなのか?逆襲へ。・・・って、これってどこかで見たような・・・。


サクラ大戦Ⅴ EPISODE 0

« Utadaに見る全米市場への挑戦 | トップページ | バイオハザードII アポカリプス »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/1778855

この記事へのトラックバック一覧です: 「サクラ大戦」は倒れたままなのか?:

« Utadaに見る全米市場への挑戦 | トップページ | バイオハザードII アポカリプス »

無料ブログはココログ