contact

音楽

ゲーム

« 原作を理解し愛している人に撮って欲しい | トップページ | ワールドカップ一次予選突破 »

2004.10.13

「マスター・アンド・コマンダー」 & 「タイムライン」

続けて、DVDで観た映画の感想をいくつか。

まず、「マスター・アンド・コマンダー」。「トゥルーマン・ショー」のピーター・ウィアー監督で、「グラディエーター」のラッセル・クロウの主演、劇場公開時もアカデミー賞ノミネート云々とか言っていた記憶があり、ちょっと期待していたのですが、まぁまぁといった内容でした。

イギリスにナポレオンの脅威が迫る時代、ラッセル演じるジャック・オーブリー艦長率いるサプライズ号は、フランス軍船・アケロン号を捕らえる命を受ける。この敵船との追いつ追われつ打ちつ打たれつの話を中心に物語は進んでいきます。

オーブリー艦長というのはイギリス史上伝説の軍人らしいです。英国史など全く知らない僕でしたが、1805年前後のフリゲート艦での海上生活の細かな描写は興味深かったです。船やセットもとても丁寧に作られていましたし、砲撃や近接戦などの戦闘シーン、嵐などのシーンもなかなか迫力がありました。

全編ほとんど船上で話は展開していくのですが、軍規や人間関係を巡る事件、戦闘や嵐で仲間を失うハプニングなどがちりばめられ、その点は飽きずに観ることが出来ました。オーブリー艦長と、旧知の仲だが立場も考え方も異なる艦医・スティーヴンとのやり取り、時にぶつかりつつも互いを認め合う姿はこの映画の中で特に印象に残りました。

一方で、広告などのイメージでは、オーブリー艦長と、子供たちや士官候補生の青年などとの師弟関係がもっと深く描かれるのかと思っていたのですが、そこら辺はわりとあっさりしていましたね。最初にケガで腕を失う少年も結構重要に描かれているとは思うのですが、艦長とというよりもむしろ、スティーヴンとの交流の方が印象的に描かれていたような気がします。唯一陸地に上がるガラパゴスのシーンもそうですが、この物語の主人公は艦長よりもむしろ艦医のスティーヴン?という気がしないでもないかもしれません。オーブリーは確かにカッコよかったけど、彼と比べるとその人間性とかは伝わってこなかったかなぁ。

期待ほどの感動物語ではなく物足りなさもありますが、丁寧には作られていますし、航海、戦闘も迫力あるので、見て損はない作品だと思います。

もう1本観たのは、リチャード・ドナー監督の「タイムライン」。劇場公開時の印象があまりなく内容もよく知らなかったのですが、有名監督ですし、原作もマイケル・クライトンだというので、借りてみました。

考古学者親子の主人公が、密かに開発されていた時空転送装置の事故で過去に取り残された父を助けるため、仲間や装置の開発会社のメンバー7人とともに14世紀のフランス、ドルドーニュ地方の村・カステルガールへとタイムトリップ。7人は、まさに真っ只中である英仏の戦いに巻き込まれていく。そんな話。

偶然ですが、また英仏戦争が絡んでました。時代は全然違いますけど。で、内容はタイムトリップのバリバリのSFを期待していましたが期待とちょっと趣きは異なり、ほとんど14世紀で展開される逃亡と戦闘が中心でした。ま、それはそれでもいいし、終盤の防城戦はそこそこ見応えも合った気もしますが、しかし全体的にはどこか物足りない。

まずは、時空転送装置も、14世紀の城や村も、セットがどこか安っぽい。騎士の鎧とか小物もそう。お金がなかったのかもしれませんが、もう少し頑張って欲しかったです。それから一番期待していたストーリーというか、シナリオも甘い気がします。原作は読んでいないので、原作からそうなのか脚本が良くないのか分かりませんが、父の救出劇にしても、主人公とヒロインの関係にしても、描写がなんだか薄っぺらくて全く惹かれる感じがしませんでした・・・。何度もメリハリのない追っかけっこを描くくらいなら、レディクレアのくだりをもっと深く描くとかいろいろやりようはあったように感じますがどうでしょうか。

金がないなら、シナリオなどで頑張らないといけないのですが、展開もコテコテで、もう少しひねりがないと厳しいですよね。時空転送装置開発の悪徳社長がビル・ゲイツっぽい顔なのには笑いましたが。この映画では良かった先述の防城戦だって、他の作品、例えば「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」なんかと比べちゃえば、似ているシーンがありますが全然こちらが劣りますし。その辺のいい意味でのごまかし方も監督はじめスタッフの腕だと思います。

残念な1本でした。タイムマシンものはなかなか当たりがないですね。サイモン・ウェルズ監督の「タイムマシン」('02年)は本作よりずっと良かったですが、やはり後半の展開が納得し難かったですし。何というかハリウッドはSFというとすぐアクション偏重の展開になって肝心のストーリーがおざなりに成ってしまうことが多いのが気になります。「アイ, ロボット」しかり。


マスター・アンド・コマンダー

タイムライン

« 原作を理解し愛している人に撮って欲しい | トップページ | ワールドカップ一次予選突破 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/1669270

この記事へのトラックバック一覧です: 「マスター・アンド・コマンダー」 & 「タイムライン」:

« 原作を理解し愛している人に撮って欲しい | トップページ | ワールドカップ一次予選突破 »

無料ブログはココログ