contact

音楽

ゲーム

« ねぎ冷やし中華と豚丼の話 | トップページ | Hungry? COOP NOODLE・・・!? »

2004.08.25

人間とは。オリンピックとは

開会式のテーマは「人間とは何か」だったと聞きました。オリンピックを見ていると、本当にこのテーマはぴったりだなぁと感じます。

汗と涙の結晶で勝利を勝ち取った選手の姿には、やはり胸が熱くなります。選手本人の努力にはもちろんですが、多くのスタッフや関係者の支えもあってのこと。その苦労を想うと、涙が自然に溢れてきます。速さ、強さ、テクニック、美しさを競う競技の数々・・・。選手一人一人、そして人類の限界を追求する姿。ただ生きていくだけなら不必要かもしれないことにも関わらず、人は何故かそこに惹かれてしまうんですよね。

自分の限界の追求と共に、他人を倒し、他人より優位な力を誇示する快感というのもきっとあるでしょう。さらに、オリンピックとなれば、そこに各国のナショナリズムが色濃く絡まってきます。平和の祭典なのに結局形を変えた国家間の争いではないかと冷めたことを言う人もいますが、同じ戦いなら銃弾で命を奪うよりスポーツのほうがよっぽどマシなのは言うまでもないでしょう。それに、血や生まれ故郷を愛する気持ちも、闘争本能も言わば人間の本能。それを、戦争などではなくうまくスポーツに転化させたのがオリンピックだと考えれば、やはり平和の祭典と言っていいのかもしれません。

国を挙げて莫大な資金で選手を育成する国。数人の選手団でまさに「参加することに意義がある」を地で行くような国。大きく期待されながらも結果を残せなかった選手。ほとんど注目されていなかったにも関わらず大活躍を見せた選手。・・・それぞれの心中を想い、あるいは時に自分を重ね合わせて僕らは感動したり、いろいろ考えさせられます。

同じルール下で清く正しく戦うスポーツマンシップ。それに反するような、ドーピング騒動、採点ミス、納得いかない審判、オリンピックにまつわる巨額の金とその不透明さ、不正の匂い・・・。これらもまた恒例になりつつあるオリンピックの一面であり、そういったことも含めてオリンピック全体がある意味人類の縮図にも見えてきたりします。

なぜオリンピックは面白いのか、なぜオリンピックに魅せられるのか。それは、まさに「人間とは何か」・・・その答えに繋がる、言葉には出来ない何かを感じさせてくれるからなのかもしれません。

« ねぎ冷やし中華と豚丼の話 | トップページ | Hungry? COOP NOODLE・・・!? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/1276227

この記事へのトラックバック一覧です: 人間とは。オリンピックとは:

« ねぎ冷やし中華と豚丼の話 | トップページ | Hungry? COOP NOODLE・・・!? »

無料ブログはココログ