contact

音楽

ゲーム

« TM NETWORK in 武道館 | トップページ | Cmode使ってる人いますか? »

2004.06.30

サイレントヒル 4 ザ・ルーム

SILENT HILL 4 THE ROOM」(PS2)。サイレントヒル・シリーズはPSの第1作から好きで全作プレイしています。今回は、サイコホラー版マルコヴィッチの穴的な(ただなんとなくのイメージ(笑))不思議な設定で、現実ではアパートの自室に閉じ込められていて、部屋に開いた穴を通って異世界と行き来するという展開はなかなか面白かったです。窓から眺める外の風景や、扉や壁ののぞき穴から見える現実が、その異世界の状況やそこで起こる殺人とリンクしていったりして。ま、核となるのはよくあるカルトな連続殺人とかではあるんですが。

ゲームシステム的にもアイテム使用や武器変更時もリアルタイムで行ない、進行がストップしないため緊張感を高めます。一度に持てるアイテムの数も限られていますが、これも攻略を考えさせるギミックと捉えました。

敵は大きく分けて、通常のモンスターと、倒すことの出来ないゴースト(特殊なアイテムで封印することはできますが絶対数が少ないので使いどころは考える必要あり)と2種類います。今回は中ボス的なものはいなくて、各エリアでそういった感じで登場するゴーストはいるのですが、倒さなくても(封印しなくても)進むことは可能です。結構しつこく追い掛け回されますけど。ただ、敵の登場パターンもある程度読めるというか、こうどこかメリハリが効かないというか、淡々と進行していく感がありました。これにはずっとSHの特徴でもあった霧や暗闇といった演出がなくなったのと、ラジオの廃止がやはり大きいと思います。敵が、暗闇や霧の向こうから急に現れて脅かされるようなことも少ないし、ラジオのノイズが次第に強くなって迫ってくる緊迫感もない。4作目ということで変革を意識したのだと思いますが、それならただ無くすのではなく、何か替わる要素が欲しかったかも。また、これまでのシリーズでは現実世界と異世界との境界が曖昧で、そこが不気味でもあったのですが、それも今回は部屋の中と穴の向こうの異世界とが(次第に部屋が侵食されたり、リンクはありますが)ほぼ完全に分離されてしまったことも、この先は・・・という恐怖感が薄れてしまう原因になってしまっているような気がします。

先にも述べたように設定や物語の大まかな流れは、なかなか興味深いです。しかし、それぞれの人物に関する描写は、いまいち深く伝わってこなかった部分もあります。シンシアやアイリーンの悲劇にしても、ウォルターの悲哀にしても、もっと心にグッとくる感じにできそうなんですが。1作目の、リサ・ガーランドが自らの死に気付き異世界に取り込まれていくあのシーンはいまも思い出すと涙が出るくらい印象に残っているのですが、ああいう感動が欲しかったです。

ゴーストというのも試みとしては面白いのですが、SHっぽくないかなぁ。舞台もサイレントヒル以外の場所が多いし、番外編的な感じで発売しても良かったかも。な~んて、いろいろ不満も述べてしまいましたが、それもサイレントヒルの名を冠しているからこそ。これが完全な新作であるとしたら充分楽しめる良作だと思います。前作(3)と比べても、世界観の違和感以外は勝っている感じですし。

毎月ページ左のリストでおすすめゲームなどを紹介しているものの、プレイ後の感想とかはあまりアップしてないなぁと気付きました。というわけで、最近プレイしたゲームの感想なぞちょっと書いてみました。


SILENT HILL 4 THE ROOM

« TM NETWORK in 武道館 | トップページ | Cmode使ってる人いますか? »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

どうもこんばんは。
サイレト・ヒルって、あのすごく怖い(まるでホラー映画のような)ゲームですよね。
なんか、まえにTVで日本版のサイレント・ヒル(たしかサイレンて言うタイトル・・?)のCMをみたときにとっても怖かったのを覚えてて、すごく印象に残ってます。

わたしもアドベンチャーゲームはけっこうやる方なんですが、
こういったホラー系のものだけはちょっと苦手です;
ある意味、ホラー映画を見る以上に怖く(無機質な、ゲームというフィルタをとおして見るので余計に恐怖が増長されて)感じるときがあるので・・・


そこでゲームに詳しいたいむさんにお尋ねしたいのですが、
こんど発売される予定の「流行り神」って言うゲームと「ミシガン」というゲーム。やっぱり怖いと思います?
「ミシガン」の方はあの須田剛一さんのゲームっていうことでとても興味があるし、「流行り神」の方も、ホラーみたいだけど推理ゲームの要素もつよいみたいだし・・・正直迷ってます。
それから、もう発売されちゃってるんですけど「金八先生」っていうゲームもけっこう気になってます。

この夏は、ひさびさにアドベンチャーゲームがたくさん出て、うれしい悲鳴をあげてます^^
ただ、あまりやる時間がとれないのでたぶんどれか一本やるのが精一杯だと思います。
個人的な意見でけっこうですので、たいむさんの意見をきかせてください。
では、しつれいします。

soujiさん、こちらでははじめまして!いやぁ、よくここを見つけましたね~。あっちと比べるとかなり雑多でオタッキーな内容かもしれませんが、どうぞ宜しくです。

「サイレントヒル」はPSから続くシリーズで現実と、血と錆に包まれた死の世界が入り混じり繰り広げられるカルトホラー的なゲームです。「サイレン」とは関係はないです。でもあれも怖かったですね~。難しくて途中で放棄してしまいましたが(汗)。

ADVいいですよね~。「michigan」は僕も絶対買おうと思っていて、ページ左のおすすめリストにもひっそりと挙げていたりして(笑)。須田剛一さんって・・・!グラスホッパー!!あ!いま気付きました(汗)。「michigan」ってグラスホッパーだったんですね。どうりで食指が動くわけだ。「killer7」の前に彼らの作品が遊べるなんて。内容はホラーなのかなぁ!?なんか街が霧に包まれてゾンビみたいなの出てましたけど。たとえば人が襲われているときに助けるか、カメラに収めるかといった道徳なんかがテーマになってるらしいです。おもしろそー。

「流行り神」は都市伝説的なホラーを集めたテキストADVですよね。これも気にはなりますね。グラフィックなんかがどの程度あるかですけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/871641

この記事へのトラックバック一覧です: サイレントヒル 4 ザ・ルーム:

« TM NETWORK in 武道館 | トップページ | Cmode使ってる人いますか? »

無料ブログはココログ