contact

音楽

ゲーム

« イラクで3邦人が人質に。自衛隊撤退を要求 | トップページ | ルルティアとセラニポージの新作! »

2004.04.10

イラク人質事件、続き

犯人が人質の男性の髪を引っ張り、喉下に刃物を突きつけ、女性は悲鳴を上げる・・・そんな映像をネットで見ました。日本のマスコミは自粛してあまり放送していないようです。涙が溢れてきました。3人をどうにか助けてほしい。また、そんな暴力に打って出るしかない犯人たちの姿にもイラクやアラブの現状を思い何とも言えない気持ちになりました。

しかし僕は、自衛隊撤退は言語道断、基本的に日本政府はいかなる要求にも屈するべきではないと思っています。(現行の)自衛隊派遣には反対でしたし、アメリカのイラク戦争にも反感を持っていましたが、いま犯人の要求を呑む形で撤退することは望みません。

こう書くととても冷たい人間と思われるかもしれませんが、ここで一部でも自衛隊を撤退したり、例えお金を渡したりして解決しても、日本という国が誘拐やテロという暴力行為に屈することは、決して国の威信だけではなくて、結局、テロ行為を増大させ、3人どころではないより多くの人たちの生命を危険にさらすことになると思うのです。福田官房長官の会見でダッカ事件を引き合いに出していた記者がいましたが、あれは通常の旅客機の乗客が人質でした。今回は半内戦状態で国が渡航自粛勧告を出している国に、それを覚悟して入国した人間が人質。比較しようがないかと。っていうか、なんか鬼の首を取ったように「ほら見たことか」「自衛隊派遣はやはり誤りだった」的な報道を繰り返すマスコミにも辟易します。なんか問題の論点がずれているような違和感。

新しい情報によると、スンニ派の過激派説やら、同時期に起きた他の誘拐事件との共犯説やらも出てきて、昨日の犯人予想はまったく当てにならなくなってしまいました。昨日は日本を脅して何の得がとか書きましたが、スペインやカナダなども含めて協力国を揺さぶって、米英に周りからダメージを与える意図なのかなぁとも思いました。サラヤ・ムジャヒディンは、イラクの複数の武力組織が集まって結成された集団だとか。まぁ、もうなんだかんだ言って僕の俄か知識ではその辺はよく分かりません。もし犯人や人質の居場所が分かっても、なかなか突入作戦といっても自爆の危険などもあり難しいでしょうし、ぶっちゃけ現在の安否さえ分からないわけですよね・・・。

このまま政府は強固な姿勢を貫きつつ無事人質を救出できるのか、それとも・・・。犯人のタイムリミットに何が起きるのか、あるいは何も起きないのか。まだまだ目が離せない状況が続きそうです。

« イラクで3邦人が人質に。自衛隊撤退を要求 | トップページ | ルルティアとセラニポージの新作! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/419252

この記事へのトラックバック一覧です: イラク人質事件、続き:

« イラクで3邦人が人質に。自衛隊撤退を要求 | トップページ | ルルティアとセラニポージの新作! »

無料ブログはココログ