contact

音楽

ゲーム

« 神様お願い | トップページ | ネパールの混迷 »

2004.03.29

TM NETWORK、ニューアルバム!

TM NETWORKのニューアルバム『NETWORK -Easy Listening-』が去る25日、ついにリリースされました。2000年12月のインディーズでリリースされた『Major Turn-Round』以来、3年3ヶ月ぶりの待ちに待ったオリジナルアルバムとなります。

前作『Major ~』はプログレの要素を積極的に取り込むなどかなり実験的な作品でした。音だけでなく、収録曲を無料でダウンロード配信したり、販売もネット通販と一部ショップに限定するなどTMらしいチャレンジ精神に溢れるプロジェクトでした。ネット普及による流通の変化を睨んでのものでしたが、一方でプロモーションなどにおいてインディーズの限界も見え、その後はR&Cレコードに移籍、メジャー復帰することとなります。

コンセプチュアルで重かった前作の印象と比べると、『NETWORK -Easy Listening-』はそのタイトル通りわりとさらりと聴けて軽い感じもします。しかし、「SCREEN OF LIFE」や「PRESENCE」には年齢を重ねた3人らしいメッセージが詞に込められていますし、音的にも昨今小室哲哉が力を入れてきたトランステイスト溢れるアレンジが新しいTMを演出。同じく小室がサウンドにトランスを取り入れてきたglobeGABALLよりも、リズムやギターなどがより一層バンドらしく、ポップさも増しており、TMなりのJ-トランスポップを聴くことが出来ます。「SCREEN OF LIFE」のイントロやサビのフレーズ、シンセのリード音は、やはりTMならではの高揚感と言っていいでしょう。木根バラも健在で、「風のない十字路」など、デビュー当時から評価の高いコーラスワークも聴けます。

惜しむらくは、過去曲やシングルカップリングなどのリアレンジ曲が多いこと。もっと新曲が聴きたかったというのがファンの素直な感想でしょう。20周年を意識してのことでしょうし、「TAKE IT TO THE LUCKY」の生まれ変わりなどは確かに素晴らしいものがありますが、TMだからこそその新しさを過去との対比ではなく純粋に新曲で提示して欲しかった気がします。この欲求不満を、そう遠くないうちに次なるニューアルバムを製作し完全に晴らしてくれると信じたいです。また3年とかブランク空けるのは勘弁!

何はともあれTMが活発に動き出したのは嬉しい限りです。このアルバムは、21世紀の『RAINBOW RAINBOW』なのかもしれません。これが本当のMajor Turn-Round。新たな気持ちで、また僕たちがワクワクするような音楽を聴かせて、活動を見せて欲しいと期待しています。とりあえず、4月21日の横浜アリーナ、そしてその後のツアーが楽しみ!こちらも20周年記念ということで集大成的内容になるようですが、そうした中でもまた少しでも新しいサプライズを提供してほしいです。


NETWORK -Easy Listenig-

« 神様お願い | トップページ | ネパールの混迷 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4825/366716

この記事へのトラックバック一覧です: TM NETWORK、ニューアルバム!:

« 神様お願い | トップページ | ネパールの混迷 »

無料ブログはココログ