contact

音楽

ゲーム

« 2003年10月 | トップページ | 2003年12月 »

2003.11.29

1泊2日で白馬へ

久しぶりに旅行。1泊2日、クルマで長野県の白馬村へ。関越、上信越を通って、ダラダラSAなどに寄って向かった。途中横川のSAで峠の釜めしでも食おうかと思ったら、なんと下りには売っておらず、上りの方の店にしかないのだとか。下りはだるま弁当が売りで、どうやら競合しないように棲み分けしている模様。なんだかなぁ・・・。

白馬村周辺に来て途中、峠(名前は失念・・・)に寄って日本アルプスのパノラマを望む。夕方だったのだが、逆に夕陽に映えて美しかった。そして、宿泊先へ。泊まったのは和田野の森にあるペンション・たろうとくう。思っていたよりも大きなペンション。なんとその日の宿泊は僕らだけで、半貸しきり状態。新しくはないようだが、小奇麗。夜はライトアップされていて、外観もなかなかいい感じだ。泊まった部屋はシンプルな洋室だが、カーテンやベッドカバーも暖色で温かい感じで悪くない。到着が夜6時を過ぎてしまったので、今日はペンションでゆっくりすることにする。夕食は欧風家庭料理のフルコース。ニジマスを蒸して冷製にして、玉ねぎやニンジン、トマトなどが刻まれたソースをかけたものや、骨付き鶏肉をハーブなどを降り香ばしく焼いたものなど、どれもおいしかった。ターサイなど珍しい野菜も料理に使われていて楽しかった。

夜は寝る前に、ちょっとだけペンション周辺を散歩。周りにはたくさんホテルやペンションがあるがシーズンオフかつ平日ということでほとんど休業状態のようだった。気温は覚悟していたほど寒くない。空を見上げると満天の星空。空気がキレイなのだろうたくさんの星が煌めいて圧巻だった。

翌朝、朝食はドイツ風のパンやサラダなど。このパンがおいしいのなんの!ペンションの主人が自身で焼いたものらしいが、ほどよい硬さに焼けた回りとふわふわの中身。拳大くらいのパンだが、蕩けるバターを乗せて3個近くたいらげてしまった。サラダも絶品の生ハム、珍しい食用ホウズキなんかも乗っていて、おいしかった。チェックアウト後は、近くの絵本に出てくる西洋の小さな教会のような和田野の森教会を少し見た後、温泉で目覚めの一風呂。

温泉の後はクルマでたらたら出発。橋(これまた名前失念・・・)から風景を楽しみ、道の駅でお土産物を買う。このまま家へ向かうのは早過ぎるということで、まずは"おやき"がおいしいという中条村やきもち屋を目指す。これが結構山の奥で、途中「本当にこんなところに!?」と不安にさえ思ったほど。この周辺は虫倉山という山に囲まれ、山姥が出るという伝説があるらしい。若干霧も立ち込めていたので、本当にそんな感じがした。やきもち屋は古い藁葺き屋根の建物で、隣の建物で療養センターのようなことも兼ねて運営しているらしい。上がると立派な囲炉裏があって、そこでアツアツのおやきを食べることが出来る。焼きおやきと笹おやき(蒸してある)の2タイプ、野沢菜、(切干)大根、ネギきのこ、ナス、あんこの5種類。150円と値段は案外リーズナブル。ネギきのこは新発見のおいしさ。やっぱりおやきといえばの野沢菜は言わずもがな。持ち帰りもできる。

お腹いっぱいになった後は、お蔵や古い街並みが美しいという小布施町へ。葛飾北斎が晩年を過ごした場所でもあるらしく、北斎館という美術館にも立ち寄った。浮世絵師として有名な北斎だが、富嶽三十六景以降、特に晩年は直筆画などを積極的に残しているとか。森羅万象を描いたと言われるその作品の数々は芸術に疎い僕でもとても引き込まれるものがあった。「富士越龍」はその雄大さ、天まで昇らんとする龍の力強さたるや90歳絶筆近くに描かれたは到底信じられない。唯一の立体作品と言われる屋台も、素晴らしかった。自ら画狂と名乗り、浮世絵の特定の流派に捕われることなく西洋の様式なども積極的に取り入れ、本当に亡くなるその瞬間まで絵に没入したという北斎。もっと深く知ってみたいと興味に駆られた。

夕方、帰路につく。途中、行きに食べれず心残りだった横川の釜めしも無事ゲット。よく食べ、キレイな景色や街並み、芸術まで楽しめ、なかなか満足な旅になったと思う。なんだか繰り返しの毎日で小さなストレスがたまっていたかもしれない心もすっきりリフレッシュ。またどこかに行きたいな。

2003.11.26

衆院選の結果

衆院選挙は60%弱という投票率、自民微増、民主増というなんとも微妙な結果に終わった。自民、民主双方がうちが勝ったと言っている。与党の票数を稼いだのは公明党だ。自民、民主以外の政党で唯一、公明党自体の議席数が伸びたのも気になるところだ。公明党にも立派な議員はいるかと思うが、特定の宗教団体をバックボーンに持つ政党がじわじわと国政を占めていくことはあまり宜しくないことだと思う。一方、野党は社民共産とも一桁台で大幅減、存亡の危機とまで報道されている。民主が大幅増で勝ったと言っているが、単に野党票が集約されただけのような気がする。今回の選挙はマニフェストが大きな話題となった。しかし、いい加減な政権公約を掲げた自民が野に下ることはなく、民主は民主で政権を取れなかったからと早くもマニフェストを改変しようか終いには白紙になんて論議まで出てきているらしい。いったい何だったのか。しかし、将来に向けて一石を投じたことは確かかもしれない。低投票率は、長年に渡って続いている政治の裏切りに対する国民の失望が根深いことを感じさせるが、かと言って日本と言う国を投げ出すわけにもいかまい。少しでも日本の政治に、そして日本に、明るい未来がやってくることを祈ってやまない。小泉首相、「動かせ!日本」という前に、ご自分がしっかりと日本を動かしてくださいませ。

中島美嘉の成長

中島美嘉の『LφVE』が100万枚を越えたそうだ。ファンだから言うのではないが客観的に見ても、シングル曲が多いが寄せ集めに聴こえず(リアレンジも多いし)アルバムとしての統一感があるし、何より1st.と比べて彼女の歌の進化は特筆すべきものがある。具体的には、高音部をはじめとする声の出し方が改善されたし、20歳を越え声に艶も増した。まだステージなどでの歌唱では安定感が足りない面も見受けられるが、1年でこの成長なら今後がさらに楽しみになってきたと思う。

リネージュII、その後

リネージュII、なんだか楽しめない。まだ攻城戦やテイミングが実装されていないので何とも言えないが、現時点では・・・。キャラクターの動きやグラフィックもFFXIと比べるといまいちだし、イベントやセリフもバッとセリフがウインドウで表示されて終わりみたいなのが多く呆気ない。マウスオペレーティングなどPCゲームファンには受けがいいのかもしれないけど、どちらかと言うとコンシューマ派の僕にはピンと来ない。少しバージョンアップされたら、また再チャレンジしてみるかな。

« 2003年10月 | トップページ | 2003年12月 »

無料ブログはココログ